たけじょーすたいる、しんぷるすたいる。

21歳マイペースな浪人生がマイペースにシンプルライフを目指すブログ。

MENU

男っぽい恰好をするのは母への反抗心かもしれない

 

こんにちは、たけじょーです。

3ヶ月ぶりに美容院行ってきました。

 

髪切りました

これが(7/9)↓

f:id:tksr-hana-ao-aka53:20171007010828j:image

こうなって(9/30)↓

f:id:tksr-hana-ao-aka53:20171007010851j:image

こうなりました(10/1)↓

 f:id:tksr-hana-ao-aka53:20171007010916j:image

(肌荒れひどいので加工しまくってます!)

ベリーショート。

どころか、刈り上げました。

写真じゃ分かりにくいですが横もツーブロックになってます。

楽。髪洗うのも乾かすのも楽。

って感じで行くたびに短くなっていきます。

 

ここ1年ほど通ってる美容院、初めて行った時もですが、急にめちゃくちゃ短くしようとしても「分かりました〜」とだけ言ってバッサリいってくれるので良いです。

昔、別のところでロングからショートにしたら「めっちゃバッサリいきますねwww」って半笑いで言われたのがあまり心地よくなかったので、詮索せずに切ってくれる今のところ大好きです。

 

男っぽい恰好をする理由

斜め上から写真撮ってみたら兄にそっくりで笑いました。

母からも後ろ姿が兄そっくりだと言われます。

 

お兄ちゃん子でお兄ちゃん大好きだった私は、兄のお下がりを喜んで着てました。

小学校の間、スカートで学校に行ったことなんか無かったです。

ここ数年、母から「女の子が産まれたら洋服を一緒に買いに行くのが夢だった」「もっとフリフリした可愛らしい洋服とかいっぱい買いたかった、着せたかった」と言われます。

男っぽい恰好をするのは単に好きだからというのもありますが、もしかしたら母への反抗心もあるんじゃないかと最近考えてます。

長くなるので割愛しますが、不登校になってひきこもりになった当初、母から拒絶されてる感じがありました。

たぶんそれを今でも根に持ってます。

それで回り回って服装や髪型という形で当時の反抗心を表そうとしてるんじゃないかな、と。(今更だけど)

子供だなと自分でも思います。

「“女の子が着る”スカート」を拒絶してたけど、それは「過去のことを根に持ってるから」ということに気付けたらちょっと楽になりました。

スカート一切履かない!がっつり男っぽい服装を!とか極端過ぎることをしてて、自分でもその理由が分からず疑問に感じてましたが、謎が解けた感じ。

流石に根に持ち過ぎじゃない?極端過ぎない?とか考えたら、多少は女性らしい恰好もしようかなと思えるようになってきました。

(たぶん根に持ってることはそう簡単に消えないだろうけど)

 

この先も

とは言え女の子らしい可愛いものより、シンプルでカッコいいものが好きなのに変わりはなく、これからもこのスタイルは貫くつもりです。

「もっと女の子らしい〜をしたら良いのに」とか言われたら自分が否定されたような気持ちになることもありますが、「自分の好き」を貫くための練習かなと思うようにしてます。
好きなんだもん、しゃーない。

 

今は有難いことに「ジェンダーレス」なんて言葉もあるのでその方面を目指しつつ、自分の居心地の良さ、自分の好きを優先していきます。

さて、唯一残してたワンピース、久々に着てみようかな。

 

 

f:id:tksr-hana-ao-aka53:20171007010744j:image

モノクロにしたらカッコいい感じになった。

 

広告を非表示にする