たけじょーすたいる、しんぷるすたいる。

21歳マイペースな浪人生がマイペースにシンプルライフを目指すブログ。

MENU

【私事】受ける予定の大学推薦入試、受験資格が無かった話。

 

こんにちは、たけじょーです。

久しぶりに私の話。

 

現在わたしは浪人生です。

受験予定の大学は11月にある公募制推薦入試で受けるつもりでした。

学校にも出向いて推薦書の手続きもしました。

数日後、学校から父に電話が。

「受ける資格が無かった」と。

 

公募制推薦の出願資格「欠席日数が25日以内」

一応知ってました。

でも私には関係無いなと、思ってたんです。

私が卒業したのは通信制高校です。

通信制高校にはそもそも出席どうこうは無いので、大丈夫だろう、と。

しかし、改めて出願資格を読み直すと「高校1年から最終学年1学期までの欠席日数が25日以内」。

私、通信制に行く前に全日制高校に通ってたんですね。

つまり、この出願資格に私のことを当てはめると全日制高校の分も含まれるんですね、当然ながら。

全日制のことまでは考えが及びませんでした。

というかそもそも全日制高校のことは記憶から消してましたし。

全日制高校には高1の4〜11月まで在籍していました。

私、その学校に通ったの1学期の20日間だけ。

1学期の通信簿に「出席日数:41日分の20日」って書かれてたの覚えてます。

半分も行ってない!って思いましたから。

つまり、1学期の時点で欠席日数が21日超えてます。

そして2学期からは全く通ってないので…。

 

確実に確認ミス。

本当にさらっと読み流してました。

半年前からこの学校を受験予定で考えてたのに。

 

全日制時代の欠席日数も、当時の学校に精神科の診断書とか提出してたら「特別な事情」つって免除されたりとかあったんですが、当時は精神科も通っておらず。

いま通院してるとこで、「当時通える状態じゃなかった」っていう診断書作ってもらってそれでどうにか出来ないかと父も動いてくれたんですが。

その診断書出したところで受験資格がもらえる保証もないので、推薦は諦めました。

母もチャンスがあるなら賭けてみたら?と言ってくれましたが。

わたし、周りからやってみたら?って言われたこと、やりたくないみたいです。

めっちゃ捻くれ者。

数年ひきこもりやってきて入試という現実から逃げてるだけなのかな、とか色々考えたし何なら2週間くらい引きずりましたし。

今は勉強期間延ばせたから良いやと思ってます。

というか!落ち込むどうこうも自分の確認ミスやし!

ということで11月で終わるはずでしたが、1月終わり(結果分かる2月中旬)まで受験生やってます。

以上、私の現状のお話でした。

 

結論:隅々まできちんと確認すること大事!

 

広告を非表示にする